やる気スイッチグループ 新卒採用サイト

Message

メッセージ

Message

会長メッセージ

会長 松田 正男

総合教育グループから次の展開へ

やる気スイッチグループの創業時は、集団塾から始まり家庭教師派遣も展開していましたが、様々な試行錯誤を重ねる中で「個別指導」をスタートさせました。平成元年の会社設立後からは完全個別指導塾「スクールIE」を開校。さらに、完全個別指導塾だけに留まらず、様々な教育サービス・ブランドを発展させ、『総合教育グループ』としての立場を確立してきました。

2017年からは第二創業期と位置づけ、今まで築き上げたサービスを発展させ、「新しい教育、本物の教育を世界に拡げる」ことで、更に多くの人と共に成長し可能性を拡げていこうとしています。第二創業期では、「子どもたち一人ひとりの宝石、個性・才能を見つけること」「学習だけではなく全方位的にこどもたちの可能性を拡げること」「やる気をとことん科学し、一人ひとりのやる気を引き出すこと」を目的に、全メンバー一体となって、様々な事業を通して画期的な『教育革命』を起こすことを目指しています。

会長 松田 正男

学生へメッセージ

現在当社は、全メンバーが主役の第二創業期です。
創業者である私も代表を離れ、組織をメンバー全員で創る体制に移行しました。働くメンバーに対しては「社員、メンバー全員の宝石を見つけそれをお互いに磨いていく」「全員が夢を持ち、成功体験を重ね、見えない階段を登り成長していく」「全員が幸せな人生を切り開いていく自分力を発揮することをお互い尊重する」ことを掲げています。

社員になる方には「できていること・いいことだけでなく、失敗したこと・悪いことも、共有する」ことや「失敗を恐れず、経験から学び、前進し続ける」ポジティブな姿勢や「他責にせず、信念をもって自責でやり切る」ことを求めています。そのような行動がとれる方に、やる気スイッチグループの第二創業期メンバーの一員になっていただけることを期待しています。

教育ビジネスは人々の人生の可能性を拡げることができる仕事であり、人生を良い方向に変えることが出来ます。是非、やる気スイッチグループであなたの可能性を拡げてください。

やる気スイッチグループ
会長 松田 正男

会長 松田 正男

Key Word

教育事業への考え方の柱

やる気スイッチグループは、40年間にわたる教育現場での指導経験から導き出した独自のメソッドを教育の柱としています。勉強も勉強以外も、自分を信じて努力を続けられる。夢に向かって積極的にチャレンジできる。自分らしく輝き、幸せな人生を歩んでいける。その実現のために、子どもたち一人ひとりが持っている無限の可能性にアプローチしていくことを教育ビジネスでは大事にしています。

神様がくれた宝石

だれもが持っている
『神様がくれた宝石』
勉強ができる子、語学に才能を持つ子、運動能力が優れている子。
すべての子どもがその子だけの『神様がくれた宝石』を持っています。
それを見つけ出し、磨き、伸ばす。そこから「やる気」と「自信」を引き出していきます。

ナンバー01

目に見えない階段石

夢を叶えるための
『目に見えない階段』
人生は『目に見えない階段』をのぼっていくようなものではないでしょうか。
自分の夢が何かを見つけ、そのために達成しなければならない目標を立て、自らの意志で努力する。
そこで勝ち得た成功体験が、さらに次の目標を生み出します。
一つひとつ目標を達成しながら、いつしか自分でも信じられない高さまで『目に見えない階段』をのぼっている。
一段一段自ら進んでいく、喜びと誇りを全力でサポートしていきます。

ナンバー02

自分力

自分でしあわせな人生を切り拓く力
『自分力』
「神様がくれた宝石」を見つけ、努力によって磨き続ける。そこに芽生えるのは、他の人にはない、その人だけがもつ能力。それが『自分力』です。
すべてをこなす総合力より、その人にしかできないものをしっかりと持ってほしい。大人になって、世の中に出た後、この『自分力』を発揮すれば、しあわせな人生を切り拓くことができるでしょう。

ナンバー03

Motivation

やる気スイッチをONにする『自分力』の輪

が育つと、がんばる意欲が育ちます。
がんばれる体力がつくと、脳が活性化します。
深くえることができる力は、豊かな人間力を育みます。
「脳」「心」「体」は互いに影響しあう成長能力です。
子どもたちそれぞれに合った方法で、3つをバランスよく伸ばし、自分力を育むこと。それが、やる気スイッチグループの教育哲学として事業に活かされています。

自分力の輪

Strategy

成長の秘訣 -戦略-

やる気スイッチグループは、およそ40年前に集団形式の学習塾からスタートしました。
集団形式が一般的だった当時、「子どもたちの可能性をもっと引き出すにはどうすればよいか」と試行錯誤を繰り返す中で生まれた個別指導形式。その強い信念と事業推進力が、今のやる気スイッチグループを作り上げています。

理念をベースとした展開
やる気スイッチグループは「自分力」の育成を教育理念に掲げております。「自分力」とは"自分らしく輝き、幸せな人生を歩んでいく力"を表しています。この理念を実現するべく、個別指導学習塾からスポーツ教室まで、幅広い教育サービスを展開しています。従来の教育という概念を超えて"真の学び"の機会を提供することで、脳・心・体のバランスのよい成長を促し、子どもたちの人生を応援していることに支持を得て、成長しています。

成長事業での展開

成長事業での展開
主力事業の「スクールIE」は、少子化の中でも個別指導塾の市場規模拡大に伴い年々成長しています。とりわけ2010年以降はその傾向が顕著です。当塾の生徒数、教室数は、2005年から2014年の間に約2倍に増加しています。個々の性格、学力に合わせた個別指導が求められている背景には、一世帯当たりの子ども数が減少したことで経済的余裕が生まれ、一人の子どもを大切に育てる傾向が強まってるからです。さらに近年注目を浴びる幼児教育市場にも積極的に事業展開し、保護者の方々の支持を得ています。

成長事業での展開

エリアマーケティングでの展開
現在、日本全国にとどまらず海外にも教室・スクールを展開。その数1,300以上。さらに、主力事業の「スクールIE」だけでなく、バイリンガル幼稚園「Kids Duo International」など複数の事業を、幼児教育(1.5歳)~大学受験(18歳)まで約17年間にわたりサポート。これらの新しいビジネスに不可欠なのが"徹底したエリアマーケティング"です。つまり、地域ごとの異なるニーズを捉え、広い視野と新しい視点を持つことで、大きなビジネスへと繋げています。

エリアマーケティングでの展開

Vision

今後の展開 -ビジョン-

「第二創業期」を推し進めるため、株式会社アドバンテッジパートナーズからの投資を受け入れ、将来の株式上場により永続企業として発展していくことを目指しています。「全世界一人ひとりの"宝石"を見つけること、そしてそれを輝かせることを全力でサポートし、人々が"やる気スイッチ"を入れ、"自分力"を発揮しながら幸せに生きる社会の創造に貢献する」という理念の下、さらに安心・信頼していただける会社への進化を目指しています。

開校を加速
40年の経験で培われた信頼と実績。国内外で1,300を超える教室を成功に導く確かな運営ノウハウや指導実績、さらにテレビCMでお馴染みのブランド力。また株式譲渡に伴う安定した財務基盤の確保と、株式譲渡先の一つであるリンクアンドモチベーショングループが得意とする外国語ネイティブ講師の採用・育成・生活サポート機能の提供を通じて、さらなる成長・発展を目指しています。

開校を加速

社内体制の強化
やる気スイッチグループの第二創業期として、ブランディング、事業横断、エリア戦略、IT、人事制度の刷新、働き方改革など様々なプロジェクトを全社一丸となって実施しています。これらのプロジェクトを通して、素早い情報共有、主体的行動の推進、業務のスピード化を全社員で実行・実践し、新たな価値観・組織文化を浸透させています。このような社内体制強化により今後も持続・安定・自律したグループへと成長を加速させていきます。

社内体制の強化

新規事業・海外展開
常に新しい視点から学びの場を提供する事業力をもとに、学習塾以外にこれまでに「幼児教室」「英語学童保育」「バイリンガル幼児園」「キッズスポーツ教室」などの分野にも進出し、さらに海外へも展開してきました。今後はさらにそれらを発展させ、「子供たちの個性・才能を見つけること」「学習だけではなく全方位的な子供の可能性を拡げること」「やる気を科学すること」を通して、従来の概念を超えた教育革命をおこしていくことを考えています。

新規事業・海外展開