やる気スイッチグループ 新卒採用サイト

尾渡 ひかる
尾渡 ひかる
Member 社員インタビュー

保育と英語を活かせる 充実した環境

尾渡 ひかる
Kids Duo International センター南 保育士 2017年入社 横浜女子短期大学 保育科

Interview

インタビュー

虫眼鏡アイコン入社のきっかけ・経緯

高校時代から学んできた「保育の知識」と、二年間の留学経験によって得た「語学・文化の知識」を活かせることのできる環境で働きたいと考えていました。
短期大学に通っていた当時の恩師から、Kids Duo Internationalを紹介して頂いたのが「やる気スイッチグループ」を知ったきっかけでした。パンフレットやHPを見て、実際に自分の目でも見てみたいと思い、電話でKids Duo Internationalの見学を申し込みました。実際に、私の求めていたい「語学・文化の知識」を活かせる環境がKids Duo Internationalには整っているというのを自分の目で見ることが出来た為、入社を意識するようになりました。
また、「国際子育てキャリアセンター」という一般社団法人に就職相談をした際にも、Kids Duo Internationalのお話を聞くことができ、自分のやりたい仕事が出来ると思い、入社の後押しとなりました。

member02

虫眼鏡アイコン入社後に感じたやりがい

入社当時は不安だらけの毎日でしたが、新入社員研修等を通し、自分が何故この企業で仕事をしたいかが明確になり、学生から社会人への気持ちの切り替えをすることが出来ました。
入社から約半年が過ぎ、業務にも少し慣れた頃、「Arts and Craft」という図画工作の課外授業の担当になりました。この授業はKids Duo International開園以来初めてのプロジェクトということで、工作の材料を購入するところから、製作の下準備までかなりの時間を費やし、苦労することも多かったです。しかし、レッスン後に子ども達の「楽しかった!」という素直な感想や、保護者の方からも嬉しい評価をいただき、達成感を感じることが出来ました。
また日々の保育では、24名の2,3歳児の子ども達に対し、4名のスタッフで業務を行います。日本人担任、ネイティブ担任が主にクラスの指揮をとる中で、自分ができるサポートを考え行動に移すというのが難しく、初めのうちは他の先生方にご迷惑をかけてしまうこともありましたが、先輩達から的確なアドバイスをいただき、4名のスタッフが効率よく連携を取り、子ども達を第一に考えた保育ができた時には、この環境で本当に良かったと思いました。

member02

一日の仕事の流れON

8時 8:30 ~ 9:00
登園

この時間帯に子ども達が登園をします。制服から忍ジャージへの着替えのサポートを行いながら、子ども達一人ひとりの朝の様子や体調を確認します。

9時 9:30 ~ 9:55
朝の会

おやつの時間をとり、朝の会「サークルタイム」を行います。

朝の会風景
10時  9:55 ~ 11:15
遊び・学習

園庭での外遊びや、日本語による総合学習、英語のフォニックス、英語による数と形の勉強、読み聞かせなどをおこないます。(日によって内容は異なります)

遊び・学習風景
11時 11:15 ~ 12:15
ランチ

ランチの時間を取った後は、歯磨きとトイレットトレーニングを実施します。

12時 12:15 ~ 14:15
お昼寝

子ども達のお昼寝の時間は休憩や、事務業務、ミーティングなどを実施します。

14時 14:15 ~ 15:50
知育・スポーツ

テーマに沿った英語のレッスンや図画工作、日本語による知育やパターンブロック、身体を動かす忍者あそびの時間になります。

知育。スポーツ風景
16時 15:50 ~ 16:20
帰りの準備

制服への衣服の着替えをサポートします。

16時 16:20 ~ 16:50
帰りの会

帰りの会を行います。

5時 16:50 ~ 17:00
退社

降園する子ども達を見送り、17:00頃には退社します。

OFFについてOFF

休みの日は、自分が満足するまで趣味に没頭しています。最近は特に国内旅行が多く、その地域によって異なる食文化を友人や家族と楽しみ、日々を充実させています。OFFの日に沢山エネルギーを吸収し、ONとなる仕事の日には明るく業務に取り組めるよう意識しています。

休日風景

メッセージ

はじめての社会人生活は不安だらけだと思います。ただ、やる気スイッチグループでは、研修やフォロー体制も整っていて、先輩社員をはじめ、まわりのメンバーがいつでもサポートしてくれる環境なので、安心して仕事に取り組むことができます。「保育」がしたい!「英語」も使いたい!という方にとっては、Kids Duo Internationalはすごく良い環境なので、オススメです。

尾渡 ひかる 全体写真

自らを磨いたエピソード

「保育」と「英語」

Childcare and English

「保育」と「英語」
上司と話している風景

入社から数カ月後に、避難訓練の担当を任されました。子ども、スタッフが災害時でも安全を確保できるよう、地震や台 風、火事などの非常事態に備えた指導案を作成しました。
その際、ネイティブスタッフにも訓練内容を正確に理解してもらい、円滑に連携できるよう、指導案の英訳を行いました。
専門用語が多く初めは戸惑いましたが、回数を重ねることで、よりスムーズに作成できるようになりました。また、避難訓練後には代表として、子ども達が安全に行動できるように引率することと、子ども達の前でフィードバックするという重大な役目を担いました。
避難訓練の担当者として、「英語」と「保育」を普段の現場以外でも活用するとともに、子ども達を「引率し、まとめる」ということも経験でき、更なる自信に繋がりました。

今後伸ばしたいキャリアフロー

尾渡 ひかる

Kids Duo Internationalでは、4名(日本人担任・ネイティブ担任・バイリンガル担当・日本人ネイティブ補佐)のスタッフ体制で1クラスを担当します。今はまだ、ネイティブ担任・日本人担任の補佐として業務を行っていますが、将来的には「保育」と「英語」両方を強みにし、自信をもってクラス責任者である「担任」として活躍できるようになりたいと思います。

矢印背景

上司が伸ばしたいキャリアフロー

上司と話している風景

尾渡さんは、笑顔が優しく子どもたちに接する姿勢もとても暖かく園児が安心して過ごせる雰囲気を持った先生です。仕事に対しても責任感が強くとても真面目でいつも一生懸命に取り組んでくれています。1年目は年少々クラスのバイリンガル保育士という立場でクラスのサポートを任されています。また、課外レッスンでも今年度から始まった「Arts and Crafts」クラスで準備からレッスン補助まで積極的に活躍してくれています。責任感があり、しっかりと仕事に取り組む姿を見て、今後はクラス担任やイベントリーダー等の責任の大きい仕事も任せられるのではないかと期待しています。先輩スタッフから積極的にいろいろなことを吸収してさらに知識や経験を積み、これからのさらなる活躍を期待しています。

矢印背景